2007年09月29日

猛禽修行初日−B

午後からの勢いは北海道で見ていた頃とは比べ物にならない。
サシバもハチクマも近く遠くとばらばら飛んでいく。

サシバ成鳥
サシバ成鳥。

やっぱりサシバはかっこいいなあ。
双眼鏡で成鳥、幼鳥をぱっと見分けられるくらいまでのレベルまでは達していないけど、
双眼スコープなら模様がはっきり見えて識別が楽しい。

ただ、雌雄は典型的なわかりやすい個体もいれば、
どっちつかずの個体も多く、この辺のバリエーションも深くて飽きない。

ツミ幼鳥
ツミ。

ハイタカ属はツミが多い。ツミもまだまだ経験を積みたい種。
もっとキワドイ個体を沢山見たいなあ。

タカ柱
サシバの柱。

2時を過ぎると数はかなりでるんだけどかなり遠い。
たまに近くまで来る個体もいるけど、半数以上が鉢盛方面。
こんな遠くの個体までカウントするなんて、
この調査を毎シーズンやってらっしゃる皆さんにはほんと頭が上がらない。

雲の上
どんどん高くまで…。

上昇していく〜と思ったら雲の中へ。
そしてまた出てきて流れていく。

渡りって不思議だな〜と単純な思いにふけりながら初日終了。
この日は公式の数字だと846羽の猛禽類が渡って行ったようです。

おまけに夕方ワシが遠くを飛んでくれた。
有料以外で初めての個体。

いやあ楽しかった〜。

夜の部もとても楽しく。散々いじられてもあまり気にならない。
疲れていたはずなのに楽しさに時間を忘れ、遅くまで飲んでましたとさ。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(34) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

猛禽修行初日−A

機材の準備もすべてそろった所でいよいよ観察開始。

と、その前に調査なんだから見渡せる場所の地名を覚えないことには始まらない。
写真に名称が入ったものを見せてもらって場所を覚える。
覚えが悪いからすぐには頭に入らないけど、
とりあえず大勢の人と同じく「台形」は最初に覚えた。

そうこうしている間にどんどんとタカが飛ぶ。
昨年のこれからはサシバとハチクマのピーク。
今年も期待がかかる。

ハチクマ♂
ハチクマ♂

ハチクマがたまに近くを飛ぶ。
ココでの主な把握ポイントは、成鳥か幼鳥、雌雄、
そのうのふくらみ状況はどうか、など。

数は正規にカウントする人の邪魔にならないように口ずさまないこと!

サシバもたまに頭上を通過していく。
圧巻だ。もちろんハチクマもばらばらと飛ぶ。

ハチクマ
♀成鳥。

翼先が黒いのは幼鳥の特徴と書かれているが、
♀成鳥でも翼先が黒い個体が割といるのは、
しっかり観察している人の間ではもう周知のことだと思う。

ハチクマ
♀。

これなんか幼鳥と似ている個体だと思った。
虹彩、初列なんかで幼鳥ではないことは確かだけども個人的には面白い個体。

ハチクマ
♀成鳥。

このタイプはもしかして若いのか?と研究された時期もあったけど、
どうやらこの色あいと年齢にはあまり相関性がない様子。
さすが個体差が多い鳥!

ハチクマ黒
暗色型成鳥。

ほんとハチクマは奇抜な模様をした個体が多くて、それだけでもかなり魅力的。

初日もかなり激しい個体がいくつも見えた。
話によるとこれから夕方がもっと面白いらしい。

さあ次はどおなる!?
posted by きゅーた at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

猛禽修行初日。

心優しいS山さんが、木曽福島まで迎えに来てくださった。
前日の電話では、

「松本?それより木曽福島のほうが近いでそっちに迎えいったる」

と言ってたから、てっきり白樺峠は20分くらいか?
とか適当に思ってたら、なんと現着には1時間半もかかると…。
う〜ん、わざわざありがとうございます、としか言いようがない。

途中買出しなどして、車はぐにゃぐにゃの山道をぐんぐん登っていく。
本当に1時間半かけてようやく白樺峠に到着。
今日は晴れ。期待できそう!

空気が薄いから息がすぐ切れる。
重たい荷物を持ってがんばってあがる。

登って下ると調査地があった。

調査地
よろしくお願いします!

久野さんはこの前の西三河の例会以来、佐伯さん、他の皆さんとは広島のタカ渡り全国集会以来。

挨拶もそこそこに空を見上げる。さあ、飛んでくれよ〜。

いよいよ修行開始!双眼スコープを貸していただいて見始める。
あんなに涼しかったのに、日差しが厳しい。

こりゃあ暑いなあ。日焼けするぞ〜。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

出発前夜。

今年の夏は異様に早く本州へ戻ってきた。
数日の集中講義のためだったんだけど、終わってからは実質暇。
学校が始まるまでの数週間時間だけがある日が続いていた。

それなりに遊んではいたけども、
大事な場面で久しぶりの寝坊をして落ち込んだり、
あまりぱっとしない日が続いた。

そんな時鳥仲間からメール。「白樺峠に来い!」と…。
突然だなあと思いつつも特に何もないし、
魅力的な場所だったので迷わず「明日行きます!」
と即答して準備にかかる。

着替えや撮影道具などを詰め込んで、
ぶしゅ子にありったけのご飯をあげてたらもう深夜。
明日は早いな〜と思いながらとりあえず寝る。

あっという間に朝。
準備して普通に電車に乗った。目指せ長野!
千種で特急に乗り換えてあとは寝るだけ。

沢山飛ぶといいなあ〜。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

愚痴。

あまりマイナスの話題はブログには書きたくないんだけど、
最近親しい鳥仲間から聞いた話で信じがたいことがあった。

ツアーと言うのはもともと商売だから、
生計を成り立たせてなんぼという気持ちはわからなくもないけども、
だからと言って生き物相手の場合好きだからとかこの素晴らしさをわかってほしいというのがガイドとしてあるはずだと個人的に信じてきた。

でも世の中ひどい人もいるようで、固有種という本来最も考慮しなければいけない要因をもシカトして一晩にある鴫を二羽もひき殺して平気な顔をしてガイドをしていると言う人がいるらしい。

いくら金の為とは言え、そういうのはどうかと思う。
大体そういう風に自然を見てもらいたくない。

いくら地元人と言えどもそういう雑な感じはなんかいただけないと思う。
それでもそういう不の要因すら受け入れて見れさえすればいいという風に思っている人がいるからそのガイドが生計を立てていけているのもまた悲しいこと。

俺が書いたところでどうにかなるわけではないんだけども、ココを見てくれてる人一人にでもわかってもらえればなあと言うことで書きました。

ガイドだって仕事がなくなればきついはず。
だからなおさら考えてほしいいんだよな〜。

酔っ払いのたわごとですが、受け止めてもらえれば幸いです。
posted by きゅーた at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。