2007年07月23日

クマの跡。

ツキノワグマの調査に来ている訳だからいるのは当然なんだけど、
いざ数メートル先で唸られるとやっぱり怖いもの。

唸られた場所の近くには、

古いクマ剥ぎ
ヒノキ(?)にあったクマ剥ぎ

古いながらもクマ剥ぎが多数。

さらに、

ツキノワグマのウンコ
糞。

あまり大きくなかったけどクマの糞であってると思う。

ウンコアップ
アップ。

調べたらこの種子はミズキ系のらしい。
一応今時期のツキノワグマの食性と一致する。
他に思い当たる動物もいないしね〜。

とりあえず糞分析してもらってるのでその内わかるでしょ。

それで、こんな痕跡だらけの場所にある魔のカーブでいきなり、
「ぐるるるる」と言うわけです。


立ち去る時は背中を見せない、突然大声を出さない、
という基本的なことは忘れないようにしないとね。

いろいろ調べてたら、出くわして睨み合いが続いたから、
たばこをふかして語りかけたら逃げていったとか面白い話がいくつか出てきた。

どんどんツキノワグマに興味を引かれていく今日この頃だけど、
至近距離で出くわすのはちょっとやだなあ。

犬くらいの大きさだけど、ほっぺたを引き裂くくらいなんてことない怪力だからね〜。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49059943

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。