2007年09月29日

猛禽修行初日−B

午後からの勢いは北海道で見ていた頃とは比べ物にならない。
サシバもハチクマも近く遠くとばらばら飛んでいく。

サシバ成鳥
サシバ成鳥。

やっぱりサシバはかっこいいなあ。
双眼鏡で成鳥、幼鳥をぱっと見分けられるくらいまでのレベルまでは達していないけど、
双眼スコープなら模様がはっきり見えて識別が楽しい。

ただ、雌雄は典型的なわかりやすい個体もいれば、
どっちつかずの個体も多く、この辺のバリエーションも深くて飽きない。

ツミ幼鳥
ツミ。

ハイタカ属はツミが多い。ツミもまだまだ経験を積みたい種。
もっとキワドイ個体を沢山見たいなあ。

タカ柱
サシバの柱。

2時を過ぎると数はかなりでるんだけどかなり遠い。
たまに近くまで来る個体もいるけど、半数以上が鉢盛方面。
こんな遠くの個体までカウントするなんて、
この調査を毎シーズンやってらっしゃる皆さんにはほんと頭が上がらない。

雲の上
どんどん高くまで…。

上昇していく〜と思ったら雲の中へ。
そしてまた出てきて流れていく。

渡りって不思議だな〜と単純な思いにふけりながら初日終了。
この日は公式の数字だと846羽の猛禽類が渡って行ったようです。

おまけに夕方ワシが遠くを飛んでくれた。
有料以外で初めての個体。

いやあ楽しかった〜。

夜の部もとても楽しく。散々いじられてもあまり気にならない。
疲れていたはずなのに楽しさに時間を忘れ、遅くまで飲んでましたとさ。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(34) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

猛禽修行初日−A

機材の準備もすべてそろった所でいよいよ観察開始。

と、その前に調査なんだから見渡せる場所の地名を覚えないことには始まらない。
写真に名称が入ったものを見せてもらって場所を覚える。
覚えが悪いからすぐには頭に入らないけど、
とりあえず大勢の人と同じく「台形」は最初に覚えた。

そうこうしている間にどんどんとタカが飛ぶ。
昨年のこれからはサシバとハチクマのピーク。
今年も期待がかかる。

ハチクマ♂
ハチクマ♂

ハチクマがたまに近くを飛ぶ。
ココでの主な把握ポイントは、成鳥か幼鳥、雌雄、
そのうのふくらみ状況はどうか、など。

数は正規にカウントする人の邪魔にならないように口ずさまないこと!

サシバもたまに頭上を通過していく。
圧巻だ。もちろんハチクマもばらばらと飛ぶ。

ハチクマ
♀成鳥。

翼先が黒いのは幼鳥の特徴と書かれているが、
♀成鳥でも翼先が黒い個体が割といるのは、
しっかり観察している人の間ではもう周知のことだと思う。

ハチクマ
♀。

これなんか幼鳥と似ている個体だと思った。
虹彩、初列なんかで幼鳥ではないことは確かだけども個人的には面白い個体。

ハチクマ
♀成鳥。

このタイプはもしかして若いのか?と研究された時期もあったけど、
どうやらこの色あいと年齢にはあまり相関性がない様子。
さすが個体差が多い鳥!

ハチクマ黒
暗色型成鳥。

ほんとハチクマは奇抜な模様をした個体が多くて、それだけでもかなり魅力的。

初日もかなり激しい個体がいくつも見えた。
話によるとこれから夕方がもっと面白いらしい。

さあ次はどおなる!?
posted by きゅーた at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

猛禽修行初日。

心優しいS山さんが、木曽福島まで迎えに来てくださった。
前日の電話では、

「松本?それより木曽福島のほうが近いでそっちに迎えいったる」

と言ってたから、てっきり白樺峠は20分くらいか?
とか適当に思ってたら、なんと現着には1時間半もかかると…。
う〜ん、わざわざありがとうございます、としか言いようがない。

途中買出しなどして、車はぐにゃぐにゃの山道をぐんぐん登っていく。
本当に1時間半かけてようやく白樺峠に到着。
今日は晴れ。期待できそう!

空気が薄いから息がすぐ切れる。
重たい荷物を持ってがんばってあがる。

登って下ると調査地があった。

調査地
よろしくお願いします!

久野さんはこの前の西三河の例会以来、佐伯さん、他の皆さんとは広島のタカ渡り全国集会以来。

挨拶もそこそこに空を見上げる。さあ、飛んでくれよ〜。

いよいよ修行開始!双眼スコープを貸していただいて見始める。
あんなに涼しかったのに、日差しが厳しい。

こりゃあ暑いなあ。日焼けするぞ〜。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

出発前夜。

今年の夏は異様に早く本州へ戻ってきた。
数日の集中講義のためだったんだけど、終わってからは実質暇。
学校が始まるまでの数週間時間だけがある日が続いていた。

それなりに遊んではいたけども、
大事な場面で久しぶりの寝坊をして落ち込んだり、
あまりぱっとしない日が続いた。

そんな時鳥仲間からメール。「白樺峠に来い!」と…。
突然だなあと思いつつも特に何もないし、
魅力的な場所だったので迷わず「明日行きます!」
と即答して準備にかかる。

着替えや撮影道具などを詰め込んで、
ぶしゅ子にありったけのご飯をあげてたらもう深夜。
明日は早いな〜と思いながらとりあえず寝る。

あっという間に朝。
準備して普通に電車に乗った。目指せ長野!
千種で特急に乗り換えてあとは寝るだけ。

沢山飛ぶといいなあ〜。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

帰省の航路そのC

いよいよ恵山沖に差し掛かって、オオナギがかなり増えてくる。
ボソナギ、ハイイロナギも見る頻度が上がる。

ほぼオオナギ。
鳥山。

船の前、横などで鳥山多数。
ほとんどオオナギだけど、近いのからはアカアシミズナギドリも何羽か。

この辺は鳥が多い。

トウゾクカモメがやっと出た。
続いてクロトウゾクも、オオナギにアタックしてる。

シロハラは…いない。

そんなに甘くはない。


ちょっと遠い所にウミスズメ類の小群。
ただウミより顔がシャープな感じなのが何羽か。

なぜか2羽だけ残った。顔が白い。
マダラかな?と思ったけどなんか違う。

海鳥ハンドブック見たら、嘴の前が白いのはカンムリの特徴らしい。

カンムリウミスズメ
カンムリ冬羽。

なるほど!
嘴もただウミってよりマダラっぽいという感じも納得。

この辺の、というか海鳥のスキルがほとんどないから面白い。


さらに船はどんどん進む。
ウミスズメ類は遠いけどそれなりにちらほら出る。
ウトウ、ウミスズメ、ちょっと嬉しかったのはマダラが飛んだこと。
腰が白い。翼下面の色は遠いと影なのかよくわからない感じ…。

白フルマ。
フルマカモメ。

白いのも見れた。換羽中なのか飛ばずに逃げる。

換羽といえばこの辺りは種類はわからないけど風切がやたら浮いてる。
すんごい数で最初はゴミだと思ったくらい。

いよいよ苫小牧沖というところで雨がひどくなってきた。
一番面白そうな場所なのに!!

悪あがきで後ろの方から見続けるも、クロアシアホウが等間隔に浮いてるのと、
カマイルカ多数、ボソナギくらいしか見つからない。

最後はぜんぜん見れないまま苫小牧西港へ到着。

なぜかコアホウが出なかったけどそれなりに楽しかった。

それにしても36時間は疲れました。


「完」
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

帰省の航路そのB

フェリーもいよいよ津軽海峡の手前側。

船の下をただようマンボウを見ながら、遠くにも近くにも目を凝らす。

ふとフェリーのすぐ横にごみのようなのが浮いている。

「なんだ?鳥か?」

と思っていると潜った!

鳥!?


と思って双眼鏡を構えると、出てきたのは眉斑ウミスズメじゃなく、
カンムリウミスズメの夏羽だった!

とっさにカメラを構えて切りまくる。

よっしゃあ!証拠撮った!



と意気揚々とモニター確認。

確認…。



あれ?


「うわぁ、水面しか写ってねえべや!」


がび〜ん。
矢印の所、右向きに泳いでます。

絵のような顔が肉眼でも見えたのに!
せっかく近かったのに!!

秒2コマにやられた感じです。


船は止まってはくれるはずもなく、気を取り直して鳥見再開。


遠くをウトウがちらほら。
ただウミスズメ(だと思う小さいの)も割と飛ぶ。
形だけでも狙ってみたぱふぃんはいるはずもなく…。

コシジロウミツバメ?
遠すぎ。

ウミツバメがかなり遠くをついてくるからやけくそで撮ったら、
かろうじて1枚だけ写っていた。
たぶんコシジロでいいと思うけど、遠いからクロコシかも。

ここに来てオオナギがかなり増えてきた。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

帰省の航路そのA

朝5時にぱっと目覚める。
風呂入って着替えて、気合入れて鳥見開始。

今日は朝からもちろんカメラを持って。

だいぶ北にいるようで、資料だともう青森沖まで来てるらしい。

フルマカモメが急に増えて、目に付く鳥はほっとんどフルマ。

浮いてるのも飛んでるのもほぼフルマ。

学名も英名もフルマ…。

フルマカモメ
ひかれそう…。

フルマカモメ
船についてくるやつ。

そうこうしているとデカイ鳥影が後ろからどんどん追いついてきた。

クロアシアホウドリ
黒脚。

船とつかず離れずを保ちながら様子見。
近づくたびにシャッター切りまくる。でけえなあ。

クロアシが去った後、右から流れてくるオオナギが多いから反対も様子見に行ってみる。

こちらは逆行だけどまだ日は高くないせいか、
適度に鳥の影だけが浮き上がってとても見つけやすい。

アカエリヒレアシシギ
アカエリ。

こんな遠くのだって一目瞭然。

これからさらに鳥が多くなる海域に突入。

期待大!
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

帰省の航路その@

名古屋港からフェリーで北海道へ。
台風が心配だけども出航は夜だからとりあえず寝る。
あまり揺れなかったけど、風通しが悪くて寝苦しい…。

翌朝から早速鳥見。
8時前が銚子沖を楽しみにとりあえず7時半頃様子見に双眼鏡だけ持って甲板へ。

晴れてて見にくいけど、結構ベタ凪。

オオナギばかりがぱらぱら飛んでく。たまにボソナギも。

あまりぱっとしないな〜と思って見ていると、
ミズナギなのかウミツバメなのか中途半端な印象の黒いやつ出現。
尾っぽが目立って、気持ち楔形にも見える。アナドリだ!!

また見れるかも!と思ってカメラを取りに行って待ち構えるも時すでに遅し…。

セオリーどおりカメラを持ってない時に限ってうれしい出会いが…(涙)

その後はぱっとせず、オオナギばっか。

オオナギ
オオミズナギドリ

オオナギの数を見れば見るほどオナガナギの淡色に似て見えてくる個体が増えるけど、きっとオオナギの深みにはまってるだけな気がする。

てか写真判定なしで見分けられる人はすげえと思った。
それともオナガナギは1回見ればつかめるようになるのかな!?

仙台沖でちょっとオオナギの数が多かったくらいで他は特に。
一度アカエリと思われるヒレアシシギの小群がいくつかと、
ハヤブサの幼鳥がフェリーに遊びに来た。

トビウオも多かったけど写真は撮れずじまい…。

明日に期待しましょう!
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

アマサギ。

トラクターに引っ付いてるアマサギの礼儀正しさには感服しちゃう。
アマサギって面白いよね〜。

シギにカモメに猛禽に、サギやウまで細かく見だしたらキリがない!
といつも話しながら鳥見してるから結局あまり見れてないけど、
とりあえずな感じでは写真撮ったりしてる。

アマサギ
反逆光!

これからも暇な時に付き合ってくださいな。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

シギ。

もうシギの季節だったりする。
8月来るのあっという間な感じなんだけど…。

エリマキシギ
エリマキ。

おしい!もう少し前のステージが見れたらなあ。
それにしても今更新鮮な田んぼがあって驚きだわ〜。

タシギ
早っ!

こちらは7月のタシギです。もう来てるんだね〜。
まだ7月だからジシギはオオジっていう先入観にはご注意ください。

posted by きゅーた at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

羽化そのB

いよいよアブラゼミの羽化も完結です。

22:55
やや色付く。

翅はシャープに伸びきって、トレードマークの茶色い色が少しずつ出てきました。

23:21
だんだん…。

さらに色が濃くなってきています。
観察から1時間半。

セミの羽化を見るのなんて何年ぶりだろう?
疲れてたのについつい見入ってしまいました。

翌朝
完了。

翌朝、普通のアブラゼミになってました。
外に放して完了!

がんばって生き抜いてください!

posted by きゅーた at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

羽化そのA

元気に起き上がったアブラゼミ♀。
起き上がってから翅が伸びるのが早い早い。

22:03
10時過ぎ

だんだん伸びてきました。

22:07

上から約5分。もうこんなになってきました。

22:09

みるみる伸びていきます。

22:19

白い翅が綺麗ですね〜。

ここまで、起き上がってからわずかに20分程です。

神秘的!

つづく。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

羽化その@

久しぶりに夜の川原にコウモリを撮りに出かけたら、
家を出たところでアブラゼミの幼虫がのこのこ歩いているのを見つけた。

幼虫
見つけたところ。

ラッキー!ということで拉致って部屋のカーテンに付けて出発。

コウモリは不調だし、セミも気になるからコンビニでビールを買って帰宅。

帰って電気をつけると、なんともう羽化が始まってるじゃん!

21:28
背中割れてました。

慌てて観察。とりあえず写真撮りまくる。

21:37
10分後。

ものの10分足らずでずいぶんと出てきた。
この後ひっくり返って30分くらいずーっと同じかっこ。

22:02
起き上がった!

10時過ぎにやっと起き上がった!がんばれ!

続く。


posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

身近なイキモノそのA

部屋でぼぉーっと過ごしてると視界の端で何かが飛び跳ねた。

近寄ってみるとハエトリグモ。

ミスジハエトリ
ミスジハエトリ

今年はこれの他にマミジロハエトリも家に遊びに来た。

クモは嫌われ者だけど、ハエトリの顔は愛嬌ありすぎでかわいい!
どこのじいさんだよ?って顔してるじゃんね?

ただでさえ蔑視されるイキモノ好きという趣味だけど、
知らないことを知るって言うのは楽しいこと。
まだまだ知らないことだらけっていうのもまた魅力です。

ミスジハエトリ
ただいま冒険中。

しばらくすると机の上まで遊びに来た。
暇だから沢山撮る。マクロレンズっていいね〜。

ミスジハエトリ
いつの間に…。

パソコンの画面がお気に入りみたいで、しばらく居つく。
マウスを動かすと矢印(マウスポインタって言うの?)に反応して、
面白い。真下でぐるぐる動かすとハエトリもぐるぐる…。

おもしろい(←鬼)からしばらくそれで遊ぶ。

ミスジ君ありがとう!と言って外に放してあげた。

次はどんなお客さんが来るんだろうね?
とりあえずゴキブリだけは勘弁です。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

身近なイキモノ。

家の近くにも結構いろんな生き物(主に虫だけど…)がいる。
この前の夜、買い物に行った帰りにノコギリクワガタの♂が落ちてた。

ノコギリクワガタ
すいぎゅう。

あまり大きくないけど長歯型でかっこいい。
この時はカブトムシの♀も来てたけどなんとなくしかとした。

地元ではあんなにレアだったノコギリクワガタ、本州はほとんどこればっか。

名古屋じゃミヤマのほうがぜんぜん珍しいんだよね〜。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

カモシカ

カモシカは今年の夏まで見た事がなかった。
もともと海とか草原をフィールドにしてたし、北海道には生息してないし…。

でも最近山の方によく行くようになって、会う機会が増えている。
1度見ちゃうと何度も見れる法則は動物にも当てはまるみたい!

カモシカ親子
逃げない。

調査中に出くわすと大抵「ブシュ」とか言って逃げてくんだけど、
この親子は余裕ぶっこいてほとんど動かなかった。

こっちが動くたびに頭は動いてるんだけど、逃げる気はないみたい。

クマに唸られた後だったからかなり落ち着けました。
posted by きゅーた at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

クマの跡。

ツキノワグマの調査に来ている訳だからいるのは当然なんだけど、
いざ数メートル先で唸られるとやっぱり怖いもの。

唸られた場所の近くには、

古いクマ剥ぎ
ヒノキ(?)にあったクマ剥ぎ

古いながらもクマ剥ぎが多数。

さらに、

ツキノワグマのウンコ
糞。

あまり大きくなかったけどクマの糞であってると思う。

ウンコアップ
アップ。

調べたらこの種子はミズキ系のらしい。
一応今時期のツキノワグマの食性と一致する。
他に思い当たる動物もいないしね〜。

とりあえず糞分析してもらってるのでその内わかるでしょ。

それで、こんな痕跡だらけの場所にある魔のカーブでいきなり、
「ぐるるるる」と言うわけです。


立ち去る時は背中を見せない、突然大声を出さない、
という基本的なことは忘れないようにしないとね。

いろいろ調べてたら、出くわして睨み合いが続いたから、
たばこをふかして語りかけたら逃げていったとか面白い話がいくつか出てきた。

どんどんツキノワグマに興味を引かれていく今日この頃だけど、
至近距離で出くわすのはちょっとやだなあ。

犬くらいの大きさだけど、ほっぺたを引き裂くくらいなんてことない怪力だからね〜。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

毒。

マムシ
毒蛇マムシ。

今日は勇気を振り絞って結構近づいてみた。


最短はマクロで40cmくらい。


相手がいくらおびえてると言ってもやっぱり怖い。


でもかっこいいからついつい寄ってしまう。


なんだろうね?この魅力。
posted by きゅーた at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

コスズメ。

そういえばこの前、春日井のバッティングセンターでコスズメを見つけた。

コスズメ上
上から〜。

小さいけどやっぱりスズメガはかっこいい。

コスズメ横
横から。

冷房に固まっていたので外に出したら、飛んできました。
昼間見るとホウジャクみたいに「目玉」があった。

スズメガ、いろんな場所にいるけども、
バッティングセンターでスズメガの写真撮ってる人がいてもあまり変な目では見ないでね…。
posted by きゅーた at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

蜂好き。

里の猛禽も大体が子育て終了のようで、
この日はオオタカ、サシバともに羽が綺麗な幼鳥を見る事ができた。

なぜかノスリも飛んでいた。こちらは一足先に下りてきた親かな!?

でもまだがんばってる真っ最中なのがハチクマ!

♂
♂成鳥。

遠いから画質がいまいちで申し訳ないです。
写真からじゃわかりにくい(てかわからない?)けど、
巣板運んでます。

♀
♀成鳥。

こちらも餌運び中。こちらは翼が綺麗な個体。
換羽状況も割とバラバラ。

聞くところによれば、このハチクマもまた営巣環境の好みが北海道とは違うみたい。
オオタカしかり、住む地域だけではっきり好みが別れるとしたらそれはかなり興味深い。
一体、何が違うんだろう?

それよりもハチクマの場合、その生態の謎具合の方が興味深い。

いつか目の当たりにしてみたいな〜。
posted by きゅーた at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。