2007年01月10日

韓国へ行ってきました。

1月4日〜9日までの5日間、韓国へ行ってきた。

ほんとは7日に帰国するはずだったのに、
セントレアが封鎖になって乗るはずの飛行機が欠航…。

で、翌日も予約が取れず中1日で9日に帰ってきたという感じ。

欠航のおかげでいい思いができたのはメンバーのいい所!

9日朝に釜山を出て、昼過ぎにセントレア到着、

なんとその足で4時半からの授業に出席!!

生まれて初めて海外から登校するという奇跡を体験した。

こんなことができるって現代はすげえなぁ。

韓国は横断しちゃうし、海外から登校するし、今年の滑り出しは絶好調な感じがする。

ほんとたまにの更新だけど今年もよろしくお願いします!

070108-SE02.jpg
写真は一番印象に残ったソウゲンワシ。
かっこよかった〜。

ちなみにモビってるカラスはチョウセンブトで結構小さめだった。


その他の鳥情報はこちらの下のほう(英語だけど…)!
posted by きゅーた at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

三重県鳥羽市沖でタンカー座礁

知床・油汚染漂着問題のブログに、
三重県鳥羽市沖のタンカー座礁ニュースが載っていた。

こちら

鳥羽市からは愛知県田原市伊良湖へと、
愛知県常滑市への定期航路(伊勢湾フェリー)が運行されている。

この2つ航路は、たまたま自身が調査を担当することもある航路で、
影響が気になったのでいろいろ書いてみようと思う。

今年の日本鳥学会の岩手県大会にて、このうちの鳥羽−伊良湖航路で
観察することができた海鳥について発表を行った。

発表の要旨についてはこちら(日本鳥学会のHPより引用)。
なおファイルはPDFなのでご注意ください。

今回汚染が起きたとされる鳥羽市国崎町とは、
厳密に言うと伊勢湾フェリーの定期航路がある海域よりも南に位置し、
太平洋上であるはが、比較的近く、またいつ隣で事故が起こるかもわからないので、
そういった意味もこめての記事ということを受け止めていただければと思う。

なお、フェリーセンサスはあくまでも定量的なデータを取る調査なので、
参考にしたカモメ類の増減などの個体数は、
実際にこの航路で見られる海鳥類の総数ではない点にはご注意いただきたい。

まず一番油汚染の被害にあう確率が高いであろうカモメ類に関して。

愛知県や三重県(北側)ではこの時期、大体のセグロカモメ類は定着を始めているが、ワシカモメやカモメなどの北方系の種類は、丁度これからの季節に渡来のピークがあるように思う。
去年、一昨年の鳥羽−伊良湖のデータを見てみても、11月とそれ以降の月ではカモメ類(大型カモメ、小型カモメ含)の個体数が劇的に増えはじめている。

以上のことから、この時期が渡りのピークであることが推測できる。

次に、

太平洋と伊勢湾内では観察できる海鳥類の数や種類が異なった。
太平洋側(伊良湖)では、ミツユビカモメやウミスズメ類が
カモメ類同様にこれからの季節によく観察されていて、
伊勢湾側(鳥羽市側)ではカモメ類とカワウの数が多かった。

ということは、

状況によっては、これから渡来数が増えてくるカモメ類と
ウミスズメなどに被害が出るのでは、と推測することができる。
移動中の個体が多いということは、汚染した鳥が分散して、
仮に死亡した場合に被害が増えるということに繋がるのではないか。

汚染海域で越冬しているカモメ類やウ類、カモ類にも被害があるのか気になる。

これからの状況には注目しようと思っているが、
何より実際に身近な場所でもこういった事故が起こってしまったことが残念だった。

もしこのブログを読んでいる東海地方の方がいらっしゃいましたら、
是非海岸線のカモメ類の状況など確認していただければと思います。
posted by きゅーた at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

なんだかね…。

外来種は悪者だというイメージがあるし、
在来種とどこか違った目で見てしまう自分がいる。

アライグマ、ブラウントラウト、セイヨウオオマルハナバチ、
オオモンシロチョウ、ハクビシン、オオヒキガエル、セイタカアワダチソウ…。
知ってるのを挙げていけばきりがないけども、
いざその種類を間じかで見たり、手に取ったりすると普通の生き物。
その瞬間は在来種だの外来種だのという「肩書き」は関係ない。

結局悪いのは人間なのに、そのことを知ってる人は少ない。
たとえ知っていても、生き物が悪いと思ってる人が多い。
自分も生き物のせいにしたらダメとわかってるんだけど、ね。

今までいなかったものが急激に広がったりしても、俺一人じゃどうにもできない。

でも、そういう変化とか成り行きとかくらいは常に知っていたいと思う。

060930-nuto04.jpg
写真はヌートリア。
posted by きゅーた at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

今日の実習

ごみ処理場に行った。生活の裏側が見える感じ。。
場所は岐阜なんだけど収容されてるごみは全部名古屋市の出すごみらしい。
年間11万トンってわやだよね。。

分別って大事だよ〜。

DSCN0483.JPG
この下にはすでにごみ。。

こんなに広くてもあと10年持てばいいほうらしい。

うーん。
posted by きゅーた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

でも行く。

天気がいいからなんとなく鳥見!朝になったら頭痛は治ってた。
着いたらタイミングよく平針でハートの激しいオオタカ発見!
と思ったらおもむろに飛び立って目の前でドバトをハンティングした。

迫力満点!?ちょっと遠かったけど、野生だね〜。
バランス的にはシロよりチョウセンの方が綺麗なような気がする…。

051208-gw02.jpg
押さえ込むオオタカ。

その後いつもの日進コース。

猛禽はチョウゲン2つにハイタカ2つ。
チュウジの田んぼあたりは何もいなかった…。

探してた鳥も見つからず、次の機会にね!

帰り際天白川でクイナが2羽追いかけあっこをしていた。
オオタカが近すぎるところから飛び立った。。
でかいし白い。。
posted by きゅーた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イキモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

頭痛

頭痛くて死ぬかと思った!

研究室の忘年会いけなかった…。
posted by きゅーた at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

買い物

夜授業が終わったあと友達と買い物に行った。
服がほしかったけど、なぜか日用雑貨に釘付け…。

前から欲しいと思っていた本棚を2つ買った。

その後焼肉をうらわざでたらふく食べて腹いっぱいで帰宅。

たまにの外食はおいしいわぁ。
posted by きゅーた at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

帰宅

帰ってきたのは昨日だけど、なんとなく月曜に書いてみる。

朝、Kさんに起してもらって寝坊したと気がついた。
起こしに来てくださらなかったら、全部寝てたと思う…。

顔洗って、歯を磨いて、とりあえず誰もいない食堂で朝飯!
急いで滑り込んでって途中から聞く。あぁもったいない。。

しばらく渡りのお話の後、大本命のオオタカの亜種と年齢についての話が始まった!
これを聞くために来たようなものさ!

内容は期待以上のものでなまら参考になった!!
この得たものを自分の経験にはやくなじませれるようにしたい。

楽しい2日間もあっという間に終わってしまった。。
午後からはあいにくの雨だった。
会場からは広島のK○MOTOさんに駅まで送っていただいた。

DSCN0464.JPG
K○MOTOさん

なにはともあれ、いろいろな人と知り合えて、みなさんとてもお世話になりました!
また来年はフィールドでもよろしくお願いいたします!

その後の新幹線は一緒に行動していたKさんが、
なんと交通費を出してくださって、優雅に帰ることができました。
感謝以外何もできないと思う。

爆睡であっというまに名古屋について、家に帰ってきたのでした。
楽しかったな〜。Kさんほんとにありがとうございます!
posted by きゅーた at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

タカ渡り全国集会 in 福山

というわけで参加してきました!
新幹線でびゅーんと福山まで行って、バスに乗り会場到着!
意外と近くてびっくりした。新大阪まで1時間だって〜。

電車の中からはチョウゲンボウが見えたくらいだった。

DSCN0400.JPG
広島はまだ紅葉が終わったばかりらしい…。

会場がいまいちわからなくて迷ってたら、
バス停がないのにおじさんが会場前まで乗せてってくださった。
ありがとうございます!!

会場についてからAさんに電話。
今日はうちの大学で日本鱗翅学会が行われていたらしく、
そっちも行きたかったけど断念。。

さらに豊田市で忘年会に誘われたのに断念…。
ここまで重なると意地でもいろんなものを吸収して帰らなきゃ!!

愛知から一緒に参加される西三河野鳥の会のKさんと合流して、
挨拶などをして開始まですごした。

DSCN0402.JPG
かいじょー。

メインテーマは「逆走するハイタカ属」!
ハイタカ属が大好きだからもうぴったりである。
今まで直接の面識がなかったけど、
とりあえず日本のワシタカの著者であるK田さんともお話しすることができた。

最初は韓国の鳥類学者、朴さんの公演!
韓国の鳥事情と鳥屋事情がとても面白かった。

バンディングの回収報告なども生かされていて、
おバカな黄色い人々がいれば聞いた方がよかったんじゃないの?と思った。
やっぱり渡り鳥って面白いわぁ〜。

休憩を挟んでひたすら楽しいハイタカのお話。
隣に座ってるKさんとごそごそとお話しながら、自分のスキル不足を痛感した。

渡りの話とともに識別講座もあった。
こちらも楽しい!カモメから学ぶことは大きいと改めて感じた。
ハイタカ属も印象って結構大事だから、
やっぱり1枚の写真のみで判断することの危険性を思い知らされた感じ。

でも今までやってきたハイタカ属の識別(自分なりの)は結構あってるんだな〜とも思った。
止まってるハイタカって実はあんまり見れないんだね…。

夕飯は豪勢だった。
学生にはありがたい料理ばっか!おいしかったわ〜。

その後懇親会突入!
オークションでなぜかシダクロスズメバチ入りのお酒を買った。
ものめずらしさ!?味は苦味がちょっと強い感じ。

自分より絶対若いだろ!という人がいたんだけど、聞いてみたら一個上だった…。
どうやら俺は最年少らしい。がんばろう(?)!

韓国の朴先生にちょこっとお話を聞くことができた。
韓国のカモメ事情、参考になった!
もっと英語をスムーズに使えるようになりたい。

その後二次会。
北海道野鳥図鑑にも写真が載っている写真家の度会さんと、
小鷹さんなどとK田さん作成の猛禽類識別テストなるものを受けてみた。
昔ハイタカ属識別テストは受けたことあったけど猛禽全般は初めて!

中級を受けたけど76点だった。。80点以上ないと次を受けられないらしい。
悔しいな〜。年齢を深読みしすぎたのがいけなかったみたい。

降格?して受けた初級は100点!種名だけだけど全部あってた〜。
100点は4人目らしい。
自分自身100点って小学校2年生以来取ってないような気がする。。
問題の中に二つ紛らわしいのがあったけど、直感を信じたらあってた。

そんなこんなでいろいろと楽しかった!
ハイイロチュウヒの雌雄年齢っていまいちだったけど、なんとなくわかる気がした!

結局風呂にも入らず、代表のK崎さんや徳島のUさんなどと、
午前2時まで楽しくお話させていただいた。
参考になりました!!

それと、想像以上に北海道の渡りについては未知なことを痛感した。
今年も数回見たんだから、真面目に数数えとくべきだったなぁ…。
posted by きゅーた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

したらね〜。

広島行ってくるわ〜。
posted by きゅーた at 07:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。